facebookページはこちら!
「いいね」を押してね
  • HOME
  •  > 成功事例
  •  > 相続時にトラブルになりがちな底地を金融資産に

成功事例

相続時にトラブルになりがちな底地を金融資産に

資産の組み換え(3) 相続に備えた資産組み換え

Cさんの想い:底地の相続を"争続"にしたくない。

最近、資産継承のことを考えていると少し頭が重い。自分が親から資産を相続で引きついだ時には、財産分与のことで嫌な気持ちになったこともありました。もし自分の財産のことで子供たちの仲が悪くなってしまったらなんてことを考えると・・・。所有している資産において、底地は収益性も低い(地代も低い)し、簡単に分割できるものでもないので、これが問題の種になるのではないかと、とても不安です。

ワンポイント

Cさんが思うように、底地は相続の時にトラブルの種になりがちです。そこで、税理士さんと相談した結果、資産承継をスムーズに行うために金融資産にして資産承継を試みることにしました。金融資産の種類としては、税金の控除を受けやすい保険資産とすることにしました。

解決に向けて

まず、売却する資産を選定しなければなりませんでした。アパートはまだまだ収益性が保たれているので、当面の年金資産として保有することに。相続税評価の割に収益性が低い底地を売却することに決定しました。借地権者それぞれに底地を売却しても良かったのですが、手間もかかるし、売れ残ってしまっては余計子供たちに迷惑をかけてしまいそうで、一括で底地を引き取ってくれる先を探しました。売却はスムーズに終わりましたし、借地権者への説明も円滑に終えることができました。底地を売却した資産で保険に加入したのと、一部アパートを改修しました。アパートにおいては、改修が功を奏して入居率が上がりました。保険を利用した資産承継対策と、不動産(アパート)の資産向上で安心して子供たちに資産承継が行えます。

あなたのお悩みを具体的に相談する

あなたのお悩みを具体的に相談する