facebookページはこちら!
「いいね」を押してね
  • HOME
  •  > 成功事例
  •  > 賃料収入を改善して、底地バリューアップ

成功事例

賃料収入を改善して、底地バリューアップ

資産のバリューアップ 賃料収入の改善でバリューアップ

Gさんの想い:適正な地代を知り、賃料の改訂をしたいのだが...。

30年前に底地を相続で引き継ぎました。なかなかタイミングがなかったり、私自身の性格が強気な方ではないので、地代の値上げを今まで行うことができずにいました。ただ、このままでは、何のために土地を貸しているのか分からないような気がしますし、このまま子供たちに引き継がせるようなことがあったら、子供たちがかわいそうな気がします。せめて社会一般的な地代を受領したいと思いますが、そもそも適正地代がどれくらいなのか分かりません。もちろんどのように交渉を進めていいのかもわかりません。どうしたらいいのか...。

ワンポイント

地代の値上げ交渉については、まずは借地面積を確定した方がいいでしょう。できれば測量を行ったうえで、借地権者さんに提案した方が借地権者さんも納得しやすいからです。借地の面積があやふやなままだと、「適正」という言葉に信憑性も薄れてしまいますから。

バリューアップに向けて

地代の値上げ交渉は成功し、おおよそ交渉前の2倍程度の地代を受領できるようになりました。しかも、賃料の改訂とともに、契約書の整備を行うこともできたので、今まであいまいだったような借地関係が正されたような気がします。今ではいずれ引き継ぐ子供たちと、前向きに底地の運営について話す機会が増えました。

あなたのお悩みを具体的に相談する

あなたのお悩みを具体的に相談する