facebookページはこちら!
「いいね」を押してね

底地辞典

底地用語辞典

意思能力 (いしのうりょく)
自分の行為の性質を判断できる精神的能力。判断能力。
居付き (いつき)
関西方面では居抜きのことを居付きと呼ぶことが多い。
一般定期借地権 (いっぱんていきしゃくちけん)
50年以上の期間が定められた、建物買取請求権と更新請求権がない借地権のこと。
囲繞地 (いにょうち)
他人の土地に囲まれて公路に通じていない土地(袋地(ふくろじ))を囲んでいる土地。袋地の所有者は公路へ出るために囲繞地を通行することができる。
(囲繞地)通行地役権 (いにょうちつうこうちえきけん)
「自己の土地の便益のため他人の土地を供し得る物権」(民法280条)通行地役権とは、第三者の土地に囲まれている場合に、自分の敷地までたどり着くために他人の土地を通らざるを得ない場合、その通行を確保するための通行権のようなもの。
居抜き (いぬき)
ここでは賃借人(借家権者)がいる状態の建物。本来的には店舗・工場などを、設備・家具・調度などをつけたまま売り渡したり貸したりすることを指す。
印紙 (いんし)
手数料・税金などを納めたことの証明として課税文書に貼る法定の紙片。不動産では収入印紙のことを一般的に指す。ちなみに印紙を貼っていない場合で、契約の効力に問題はないが、税金上の問題で過怠税を課される。消印が無い場合も同様。当事者全員が消印する必要はなく、1人でも消印すれば有効となる。
越境 (えっきょう)
土地の境界線を越えて他人の土地に侵入している状態。ブロック塀や軒先、排水管等の越境が多い。