facebookページはこちら!
「いいね」を押してね
  • HOME
  •  > 教えて底地博士
  •  > 老朽化したアパートを所有しているが、自分で明渡交渉をしたくない。

セミナー

老朽化したアパートを所有しているが、自分で明渡交渉をしたくない。

老朽化したアパートを所有しているが、自分で明渡交渉をしたくない。

収益物件所有者様からのご質問

老朽化したアパートを所有しているが、自分で明渡交渉をしたくない。御社では明渡限定でやるのか?

もしご自身で明渡交渉をされるのが不安であれば売却も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

(回答日: 2012.08.06)

明渡限定で業務受託する行為は、コンプライアンスに違反する可能性がありますので対応しかねます。
これは報酬を得る目的で反復継続して法律行為を行う場合、弁護士法違反(非弁行為)とされ弁護士法に抵触することがあり、お断りさせていただいております。
弊社ではアパートを買い取って、貸主の立場として借主と折衝します。
間に立つのではなく、当事者として交渉しますのでオーナー様にご迷惑をお掛けすることはありません。
また明渡失敗のリスク回避もできます。
もしご自身で明渡交渉をされるのが不安であれば売却も視野に入れてみてはいかがでしょうか?
売却であれば弊社で買取いたしております。

「教えて底地博士」TOPに戻る

※は入力必須項目です。

ボーダー

氏名 例)底地太郎
E-mail ※半角英数でご入力をお願いいたします。
E-mail(確認) ※確認のため再度ご入力をお願いいたします。
電話番号 例)03-5252-7511
郵便番号 例)100-0005
都道府県
住所 例)東京都千代田区丸の内2-5-1
年齢

以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

お問い合わせ内容


メールマガジン メールマガジンを購読する 購読しない

ボーダー

※ご相談内容によっては、回答までにお時間をいただく場合、専門相談窓口のご案内を差し上げる場合、
 お答えしかねる場合などがございます。ご了承ください。
※頂いたご相談内容は、当コンテンツ「教えて底地博士」に掲載させていただく場合がございます。
 その場合、個人を特定する情報は掲載いたしません。(弊社の個人情報保護方針はこちらをごらんください)