facebookページはこちら!
「いいね」を押してね
  • HOME
  •  > 教えて底地博士
  •  > 親が借地権の土地に住んでいます。借地権売買と底地権に関して、教えて下さい

セミナー

親が借地権の土地に住んでいます。借地権売買と底地権に関して、教えて

親が借地権の土地に住んでいます。借地権売買と底地権に関して、教えて下さい

借地権者様からのご質問

親が借地権の土地に住んでいます。借地権売買と底地権に関して、教えて下さい。

親が借地権の土地に、祖父の代より40年ほど住んでいます。
この度、土地所有者が不動産業者を介して売買交渉をしに来ました。
第1回の交渉時に現在は買えないと回答したところ、不動産屋より売却の話を持ちかけられました。
その際、借地権と底地権を両方持ってますか?とのニュアンスの話を聞かされたそうです。
祖父の代より借地契約をしていますが、借地権と底地権を両方持ってますかと言われても、どの様にすればどちらも持っているかが分かりますか?
また、地主・不動産業者と今後交渉するにあたり、どの様にすれば最良かも教えて下さい。

所有権(土地の権利)=底地権(地主さんの権利)+借地権(借地権者さんの権利)です

(回答日: 2012.10.05)

まず借地権と底地権についてご説明します。
借地権とは、借地権者さんが地主さんの土地に建物を所有する権利です。
一方底地権は、地主さんがお持ちの権利で、借地権が付いた土地を所有する権利です。
つまり、今お借りの土地は、
所有権(土地の権利)=底地権(地主さんの権利)+借地権(借地権者さんの権利)
ということになっているのです。
不動産業者さんは、今お持ちの借地権に対し、底地権を買い足すことで完全な所有権にしませんか?というご提案をされたのでしょう。

地主さん側から売却のお話が来ているということは、今お借りの土地を所有権化するのにとても良いタイミングだと思います。
路線価の借地権割合に応じて売買されることが多いです。
つまり、坪100万円の土地の場合、借地権割合を60%と仮定すると、残りの40%の部分、つまり坪40万円が売買価格となります。
但し、必ずしもこのような価格根拠となるとは限りません。
売買は双方の合意の上で成立しますので、地主さんとの話し合いが重要です。
但し、あまりにも強引な値下げ交渉は地主さんの機嫌を損ねてしまい、売買不成立にもなりかねません。
ある程度納得のいく範囲で価格合意しておくことがポイントです。

不動産業者の話の疑問が解決できスッキリしました。
底地の購入も視野に入れつつ検討してみたいと思います。
ありがとうございました。

「教えて底地博士」TOPに戻る

※は入力必須項目です。

ボーダー

氏名 例)底地太郎
E-mail ※半角英数でご入力をお願いいたします。
E-mail(確認) ※確認のため再度ご入力をお願いいたします。
電話番号 例)03-5252-7511
郵便番号 例)100-0005
都道府県
住所 例)東京都千代田区丸の内2-5-1
年齢

以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

お問い合わせ内容


メールマガジン メールマガジンを購読する 購読しない

ボーダー

※ご相談内容によっては、回答までにお時間をいただく場合、専門相談窓口のご案内を差し上げる場合、
 お答えしかねる場合などがございます。ご了承ください。
※頂いたご相談内容は、当コンテンツ「教えて底地博士」に掲載させていただく場合がございます。
 その場合、個人を特定する情報は掲載いたしません。(弊社の個人情報保護方針はこちらをごらんください)