facebookページはこちら!
「いいね」を押してね
  • HOME
  •  > 教えて底地博士
  •  > 税額が大幅に上がったため、今の地代では貸している意味がありません。そこで地代の値上げをお願

セミナー

税額が大幅に上がったため、今の地代では貸している意味がありません。

税額が大幅に上がったため、今の地代では貸している意味がありません。そこで地代の値上げをお願いしたいのですが、その権利は当方にあるのでしょうか

地主様からのご質問

父より数年前に相続した土地についての相談です。
その土地は父の親の代から他人に貸していて、毎月地代を貰っていますが、今年の固定資産税が課税評価額・税額共に4倍ほどになって送付されてきました。
調べてみると、今まで土地の利用目的が住宅ではないのに、住宅扱いで特例軽減を受けていたのを、今年より是正したためだそうです。
税額が大幅に上がったため、今の地代では貸している意味がありません。
そこで地代の値上げをお願いしたいのですが、その権利は当方にあるのでしょうか。
私は一度も面識ありませんが、これを機会にきちんと契約したいと思っております。

地代はその時の経済状況や物価により変動するものと定められているので、値上げを請求することはできます。
ただし、急な値上げは相手になかなか理解してもらいにくいという点に留意して下さい

(回答日: 2012.11.09)

地代はその時の経済状況や物価により変動するものと定められているので、値上げを請求することはできます。
ただし、急な値上げは相手になかなか理解してもらいにくいという点に留意して下さい。
適切な地代は固定資産税の3~5倍程度といわれていますので、固定資産税が上がったことを理由に、地代の値上げを要求しても良いかと思います。
お会いしたことがないのであれば、郵送で地代の値上げをお願いしてみるのも一つの手段です。
その際に固定資産税が上がったことを証明するもの(評価証明や固定資産税の請求書など、知られたくない情報は黒く塗りつぶしてもいいです)を同封して、さらに、急に固定資産税が上がった理由(控除されている事項が間違っていた)を説明してあげると良いかと思います。
地代の値上げは、地主さんが主張していい権利ですが、地代の値上げ交渉は簡単にはいかないケースが多いようです。
相手の方を知らないなら尚更です。
今後も関係は続いていきますので、この機会に一度ご挨拶を兼ねて顔を合わせるのもいいかもしれません。

「教えて底地博士」TOPに戻る

※は入力必須項目です。

ボーダー

氏名 例)底地太郎
E-mail ※半角英数でご入力をお願いいたします。
E-mail(確認) ※確認のため再度ご入力をお願いいたします。
電話番号 例)03-5252-7511
郵便番号 例)100-0005
都道府県
住所 例)東京都千代田区丸の内2-5-1
年齢

以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

お問い合わせ内容


メールマガジン メールマガジンを購読する 購読しない

ボーダー

※ご相談内容によっては、回答までにお時間をいただく場合、専門相談窓口のご案内を差し上げる場合、
 お答えしかねる場合などがございます。ご了承ください。
※頂いたご相談内容は、当コンテンツ「教えて底地博士」に掲載させていただく場合がございます。
 その場合、個人を特定する情報は掲載いたしません。(弊社の個人情報保護方針はこちらをごらんください)