facebookページはこちら!
「いいね」を押してね
  • HOME
  •  > 教えて底地博士
  •  > 築40年弱の老朽化マンションの一室を所有しているのですが、生活するには不便なくらいの雨漏り

セミナー

築40年弱の老朽化マンションの一室を所有しているのですが、生活する

築40年弱の老朽化マンションの一室を所有しているのですが、生活するには不便なくらいの雨漏りをします

その他ご相談

築40年弱の老朽化マンションの一室を所有しているのですが、生活するには不便なくらいの雨漏りをします。
マンションの住人の方に屋上の修繕をしたいと申し出ましたが、住人の方の同意が得られなかったので、仕方なく個人的に修繕しようと思い、業者に見積もりを出してもらいました。
しかし、今後このマンションに何年住めるかを考えると無駄になると思い、修繕をやめ、家を購入しました。
経済的に余裕はないのでリフォームはできませんし、毎年マンションの固定資産税を納めなければならず、家計は圧迫されています。
売却する方法はないのでしょうか。

固定資産税の支払いが負担になるということでしたら、修繕ができるまでの間、賃料をかなり安く設定し、現状でも借りてくれる方を探して、固定資産税を賄う方法もご検討されては如何でしょうか

(回答日: 2012.11.12)

お伺いした限りでは、現状での売却はかなり難しいと思います。
もし売却ができるとすれば、修繕をして雨漏りを直した状態で、ということになります。
「売却価格-修繕費」が少しでもプラスになるようでしたら売却されても良いかと思います。
売却費用で修繕費を賄うことができれば、利益がなくとも手離れできるので将来的にメリットがあるのではないでしょうか。
また、住めないくらいの雨漏りということは、他の住人の方も直面している問題だと思います。
全体で修繕をするまで待ってから、売却されるのも一つの方法かと思います。
それまでの間、固定資産税の支払いが負担になるということでしたら、賃料をかなり安く設定し、現状でも借りてくれる方を探して、固定資産税を賄う方法もご検討されては如何でしょうか。
賃貸にされる場合は、修繕義務は貸主にあるため、雨漏りをする点を事前に明示して、雨漏りに関係する箇所のリフォームはしないという条件で借りて頂ければ、問題はないと思います。

「教えて底地博士」TOPに戻る

※は入力必須項目です。

ボーダー

氏名 例)底地太郎
E-mail ※半角英数でご入力をお願いいたします。
E-mail(確認) ※確認のため再度ご入力をお願いいたします。
電話番号 例)03-5252-7511
郵便番号 例)100-0005
都道府県
住所 例)東京都千代田区丸の内2-5-1
年齢

以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

お問い合わせ内容


メールマガジン メールマガジンを購読する 購読しない

ボーダー

※ご相談内容によっては、回答までにお時間をいただく場合、専門相談窓口のご案内を差し上げる場合、
 お答えしかねる場合などがございます。ご了承ください。
※頂いたご相談内容は、当コンテンツ「教えて底地博士」に掲載させていただく場合がございます。
 その場合、個人を特定する情報は掲載いたしません。(弊社の個人情報保護方針はこちらをごらんください)