facebookページはこちら!
「いいね」を押してね

セミナー

借地を購入したい場合、何か問題はありますか?

借地を購入したい場合、何か問題はありますか?

借地権者様からのご質問

茨城県の借地60坪に何十年も前に両親が建物を建て、借地代金を支払ってきました。
勿論昔の契約書もありませんが、平成15年に地主の相続で新たに義父と契約書を交わしました。(敷金無し、月々賃料16,000円、1年契約、自動延長可)
その後、義父は他界しましたが、契約書はそのままで賃料は息子である主人が払っています。
建物は未登記です。
その借地を購入したい場合、何か問題はありますか?

購入されるのが①土地(底地)②建物(借地権)で大きく変わります。

(回答日: 2012.11.28)

まず、借地の売買ですが、購入されるのが
①土地(底地)
②建物(借地権)
で大きく変わります。

①土地(いわゆる底地)を地主さんから購入する場合
納得のいく価格で購入できるのであれば、特に問題はありません。
仲介業者様に契約書を作成してもらって契約を進めてください。

②建物(借地権)をご主人から奥様が購入する場合
借地権(建物)の売買には地主さんの許可が必ず必要になります。
勝手に奥様の名義にすると借地権解除理由にもなりかねません。
今回は地主さんからの許可(承諾)については、承諾料を支払うのが通例です。(借地権価格の10%程度が目安)
ただし、今回の場合、建物の名義を義父の法定相続人に該当しない奥様に移転する場合は、相続登記が未了ですので、司法書士の協力が必要になります。
1>(ご主人様の他に相続人様がいらっしゃれば)遺産分割協議書を作成
2>ご主人様の名義に一度登記する
3>登記名義人を奥様に移転する
という方法が望まれるからです。

【その他】
平成15年に1年更新の借地契約を締結されていらっしゃいますが、この契約期間は無効です。
借地契約期間が20年に自動延長されることになりますので、平成35年までの現在の借地契約は継続することになります。
以上簡単ではございますが、ご回答させて頂きます。
その他、分からない点等ございましたらいつでもご連絡ください。

「教えて底地博士」TOPに戻る

※は入力必須項目です。

ボーダー

氏名 例)底地太郎
E-mail ※半角英数でご入力をお願いいたします。
E-mail(確認) ※確認のため再度ご入力をお願いいたします。
電話番号 例)03-5252-7511
郵便番号 例)100-0005
都道府県
住所 例)東京都千代田区丸の内2-5-1
年齢

以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

お問い合わせ内容


メールマガジン メールマガジンを購読する 購読しない

ボーダー

※ご相談内容によっては、回答までにお時間をいただく場合、専門相談窓口のご案内を差し上げる場合、
 お答えしかねる場合などがございます。ご了承ください。
※頂いたご相談内容は、当コンテンツ「教えて底地博士」に掲載させていただく場合がございます。
 その場合、個人を特定する情報は掲載いたしません。(弊社の個人情報保護方針はこちらをごらんください)