facebookページはこちら!
「いいね」を押してね
  • HOME
  •  > 教えて底地博士
  •  > 底地を手放したいが、贈与と売却どちらの方が税金の負担が少ないのか?

セミナー

底地を手放したいが、贈与と売却どちらの方が税金の負担が少ないのか?

底地を手放したいが、贈与と売却どちらの方が税金の負担が少ないのか?

地主様からのご質問

親戚に貸している底地を相続により取得するのですが、手放したいと考えています。 贈与と売却ではどちらの方が税金の負担は少ないでしょうか? 取得土地は、固定資産税評価額約1,200万、借地面積約75坪、借地権割合は50%です。

売却の方が税金の負担は少ないかと思われます。

(回答日: 2013.1.24)

売却の方が税金の負担は少ないかと思われます。
一方、贈与とは無償で譲渡することですので、手元に一銭も残りません。
ちなみに贈与する際の税金は、質問者様ではなく貰う相手側にかかるものですので、支払う心配はいりません。
売却する場合は、不動産業者に依頼すると良いでしょう。底地に関しては当社でも買取りが可能です。
以下の情報をお知らせいただければ、当社で取組可能かどうかお返事させていただいております。
①場所(ご所有されている底地の住所をお知らせください。)
②地番(分かればで結構でございます。)
③面積(登記簿や納税通知書に記載の面積。分からなければおおよその面積で結構です。)
④地代(それぞれの賃料。借地権者の方の数が多い場合等、お手間がかかる場合はざっくりの金額で結構です。)
以上、質問者様の問題解決にお役立て下さい。

「教えて底地博士」TOPに戻る

※は入力必須項目です。

ボーダー

氏名 例)底地太郎
E-mail ※半角英数でご入力をお願いいたします。
E-mail(確認) ※確認のため再度ご入力をお願いいたします。
電話番号 例)03-5252-7511
郵便番号 例)100-0005
都道府県
住所 例)東京都千代田区丸の内2-5-1
年齢

以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

お問い合わせ内容


メールマガジン メールマガジンを購読する 購読しない

ボーダー

※ご相談内容によっては、回答までにお時間をいただく場合、専門相談窓口のご案内を差し上げる場合、
 お答えしかねる場合などがございます。ご了承ください。
※頂いたご相談内容は、当コンテンツ「教えて底地博士」に掲載させていただく場合がございます。
 その場合、個人を特定する情報は掲載いたしません。(弊社の個人情報保護方針はこちらをごらんください)