facebookページはこちら!
「いいね」を押してね
  • HOME
  •  > 教えて底地博士
  •  > 旧法で契約した契約を、新法制定以降に更新をしたら新法に切り替わるのですか

セミナー

旧法で契約した契約を、新法制定以降に更新をしたら新法に切り替わるの

旧法で契約した契約を、新法制定以降に更新をしたら新法に切り替わるのですか

地主様からのご質問

旧法で契約した契約を、新法制定以降に更新をしたら新法に切り替わるのですか

旧法下にあった借地権を自動で新法に切り替えることや、更新契約をもって新法に切り替えることはできません。

(回答日: 2013.4.18)

旧法下にあった借地権を自動で新法に切り替えることや、更新契約をもって新法に切り替えることはできません。
新法に切り替えるためには、旧法で結んでいる契約を借地人さんの合意を得て解約し、新たに新法での契約を締結することが必要となりますが、借地人の権利を意図的に弱めたとされ、無効になる可能性もあります。
地代の見直しや返還時の取り決めなど、双方にメリットになる条件で契約を締結できる場合は、弁護士さんに相談しながら、新法への切り替えを行ってもよろしいかと思います。

「教えて底地博士」TOPに戻る

※は入力必須項目です。

ボーダー

氏名 例)底地太郎
E-mail ※半角英数でご入力をお願いいたします。
E-mail(確認) ※確認のため再度ご入力をお願いいたします。
電話番号 例)03-5252-7511
郵便番号 例)100-0005
都道府県
住所 例)東京都千代田区丸の内2-5-1
年齢

以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

お問い合わせ内容


メールマガジン メールマガジンを購読する 購読しない

ボーダー

※ご相談内容によっては、回答までにお時間をいただく場合、専門相談窓口のご案内を差し上げる場合、
 お答えしかねる場合などがございます。ご了承ください。
※頂いたご相談内容は、当コンテンツ「教えて底地博士」に掲載させていただく場合がございます。
 その場合、個人を特定する情報は掲載いたしません。(弊社の個人情報保護方針はこちらをごらんください)