facebookページはこちら!
「いいね」を押してね

セミナー

生活保護の借地権者さんに契約更新の時期が迫っています。

生活保護の借地権者さんに契約更新の時期が迫っています。

地主様からのご質問

底地を相続したのですが、早速契約の更新時期が迫っています。借地権者さんは生活保護を受けていて、更新料を支払うどころではないようです。面識もないので、いきなりお金の話を持ち出すのも抵抗があります。何か良い方法はありませんか?

行政の担当部署に事情を説明し、更新料相当額を月割にしたものを新地代と設定し、契約の更新をするのも一つの方法です。

(回答日: 2015.08.18)

生活保護を受けているということであれば、やはりまとまったお金をもっているとは考えにくく更新料を受領することは難しいでしょう。 行政の担当部署に事情を説明し、更新料相当額を月割にしたものを新地代と設定し、契約の更新をするのも一つの方法をだと思います。

「教えて底地博士」TOPに戻る

※は入力必須項目です。

ボーダー

氏名 例)底地太郎
E-mail ※半角英数でご入力をお願いいたします。
E-mail(確認) ※確認のため再度ご入力をお願いいたします。
電話番号 例)03-5252-7511
郵便番号 例)100-0005
都道府県
住所 例)東京都千代田区丸の内2-5-1
年齢

以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

お問い合わせ内容


メールマガジン メールマガジンを購読する 購読しない

ボーダー

※ご相談内容によっては、回答までにお時間をいただく場合、専門相談窓口のご案内を差し上げる場合、
 お答えしかねる場合などがございます。ご了承ください。
※頂いたご相談内容は、当コンテンツ「教えて底地博士」に掲載させていただく場合がございます。
 その場合、個人を特定する情報は掲載いたしません。(弊社の個人情報保護方針はこちらをごらんください)