facebookページはこちら!
「いいね」を押してね
  • HOME
  •  > 底地Q&A
  •  > 地主の正当事由はどんな場合に認められるの?

底地Q&A

地主の正当事由はどんな場合に認められるの?

地主の正当事由はどんな場合に認められるの?

お答えします

地主さんが借地契約の更新を拒絶するには、正当事由が必要になります。借地借家法第6条から部分的に分けると、

①「借地権設定者及び借地権者さんが土地の使用を必要とする事情」
→これが一番重要なポイントです。その土地を必要とする事情が、地主さんと借地権者さんでどちらが強いのかということです。

②「借地に関する従前の経過及び土地の利用状況」
→更新料等の授受していたのか、地代の支払いに滞りがなかったかといった、借地における諸事情を考慮にいれます。

③「借地権設定者が土地の明渡しの条件として、又は、土地の明渡しと引換えに借地権者さんに対して財産上の給付をする旨の申出をした場合」
→いわゆる地主さんが明渡料を提案したかどうかということです。明渡料は正当事由の補完的な要素と考えられており、十分すぎる金額を提示したとしても、借地権者さんの土地利用の必要性が高い場合は、正当事由が認められないことが多いです。

正当事由に関しては裁判で争うことも多く、総合的な判断をする必要があります。

矢印底地Q&Aトップに戻る

それでも問題が解決しない方は・・ 底借のプロが直接ご回答いたします!

氏名 例)山田 太郎
E-mail ※半角英数
E-mail(確認) ※確認
電話番号 例)03-5252-7511
年齢
以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

メールマガジン 購読する   購読しない