facebookページはこちら!
「いいね」を押してね

底地Q&A

朽廃ってどんな状態?

朽廃ってどんな状態?

お答えします

朽廃とは建物が時間の経過によって社会的経済的価値がなくなることを指します。人が解体することはもちろん、火災や台風、地震等で倒壊した場合は朽廃にはあたりません。老朽化して人が住めなくなるといえばイメージしやすいかと思います。具体的には手で押して倒れるぐらいが朽廃の目安と言われることもあります。しかしながら朽廃の状態については裁判でも判断が分かれたりと難しいものなので個別具体的に見る必要があります。
旧法においては借地建物が朽廃したときは借地契約が終了します。

矢印底地Q&Aトップに戻る

それでも問題が解決しない方は・・ 底借のプロが直接ご回答いたします!

氏名 例)山田 太郎
E-mail ※半角英数
E-mail(確認) ※確認
電話番号 例)03-5252-7511
年齢
以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

メールマガジン 購読する   購読しない