facebookページはこちら!
「いいね」を押してね
  • HOME
  •  > 底地Q&A
  •  > 借地上の地盤が地震で損壊した場合、借地権者は地主に対して地盤の修繕を請求できるか?

底地Q&A

借地上の地盤が地震で損壊した場合、借地権者は地主に対して地盤の修繕を

借地上の地盤が地震で損壊した場合、借地権者は地主に対して地盤の修繕を請求できるか?

お答えします

一概に地主さんに全ての修繕を請求することはできません。
民法第606 条1 項では、賃貸借においては賃貸人に目的物の修繕義務があるとされていますので、地主さんが修繕しなければならないように思われますが、自然災害により地盤が損傷した場合の修繕義務に関しては、借家と借地では違ってきます。

借家の場合→借家権者さんは建物を自由に手入れできないので、貸主が修繕義務を負います。
借地の場合→借地権者さんは建物を建てるために、多かれ少なかれ地盤にも手を加えます。そのため、無条件に地主さんが地盤損壊の不利益を負うのは不公平との見解は当然出てきます。

また、地盤の補修工事は多額の費用がかかります。比較的に低額な地代が多いことから、地盤の修繕義務を地主さんに負わせるのは、かなり酷な結果になります。
借地権者さんが地盤の加工した場合、はそれを考慮に入れ、損壊と因果関係があるのか総合的に判断することになるでしょう。

矢印底地Q&Aトップに戻る

それでも問題が解決しない方は・・ 底借のプロが直接ご回答いたします!

氏名 例)山田 太郎
E-mail ※半角英数
E-mail(確認) ※確認
電話番号 例)03-5252-7511
年齢
以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

メールマガジン 購読する   購読しない