facebookページはこちら!
「いいね」を押してね

底地Q&A

適正な地代ってあるの?

適正な地代ってあるの?

お答えします

地代額についての法律上の規制はなく、原則として地主さんと借地権者さんの合意になります。様々な適正地代算定方法はあるものの、算定基礎として使われる周辺の地価や地代に適切な事例が見つからないのが実情だと思います。そこで当事者が簡易に算定する場合の一つの指標となるのが土地にかかる税金(固定資産税・都市計画税)です。地主さんも税金を支払えないような地代では貸している意味がありませんので、税金がこのくらいだから地代設定はこのくらい必要だと説明すれば、借地権者さんの理解も得やすいと思います。判例では土地にかかる固定資産税・都市計画税の3~5倍程度の地代設定を認めた事例もあります。ただし、裁判においては様々な方法で適正地代を算定するので統一的な見解が分かれるところです。適正地代鑑定の方法としては、スライド方式、差額配分方式、積算方式、賃貸事例比較方式などが適正地代算定方法として使われることがあります。

矢印底地Q&Aトップに戻る

それでも問題が解決しない方は・・ 底借のプロが直接ご回答いたします!

氏名 例)山田 太郎
E-mail ※半角英数
E-mail(確認) ※確認
電話番号 例)03-5252-7511
年齢
以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

メールマガジン 購読する   購読しない