facebookページはこちら!
「いいね」を押してね
  • HOME
  •  > 底地Q&A
  •  > 地代の増額について地主と借地権者でもめている。どうなるの?

底地Q&A

地代の増額について地主と借地権者でもめている。どうなるの?

地代の増額について地主と借地権者でもめている。どうなるの?

お答えします

土地の税金や地価が変動したなど、理由がある場合は増減を請求できますが、その額がそのまま認められるわけではありません。
増減を当事者が合意すれば、その額が新地代となります。しかし、当事者の合意ができない場合は、調停で解決することができます。調停が成立しない場合は、訴訟提起することができます。
借地権者さんは増額が正当とする判決が確定するまでは、自分が相当と思う額の地代を支払えばよいことになっています。ただし、判決が確定したときに、訴えの提起からそれまで支払った額に不足がある場合は、その不足額に年1割の利息をつけて支払わなければなりません。

また、裁判中は地主さんも地代を受領しないと思いますので、供託する形になるでしょう。 供託とは、地主さんが支払いの受領を拒んだり、または受領できない場合などに、地代を法務局に寄託して、支払いをしたのと同じ法律効果を生じさせる手続きのことです。

矢印底地Q&Aトップに戻る

それでも問題が解決しない方は・・ 底借のプロが直接ご回答いたします!

氏名 例)山田 太郎
E-mail ※半角英数
E-mail(確認) ※確認
電話番号 例)03-5252-7511
年齢
以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

メールマガジン 購読する   購読しない