facebookページはこちら!
「いいね」を押してね
  • HOME
  •  > 底地Q&A
  •  > 承諾が必要になる増改築の範囲は?

底地Q&A

承諾が必要になる増改築の範囲は?

承諾が必要になる増改築の範囲は?

お答えします

建物の維持に関して修繕することは、借地権者さんに認められる権利と言えますが、どこまで修繕でどこからが改築なのか線引きが難しいことがあります。具体的なイメージとしては、

・雨漏りの修理のために一部屋根を替える→修繕
・外壁のペンキを塗り替える→修繕

・とたん屋根を瓦屋根にする→改築
・外壁をモルタル仕様に変える→改築
・畳からフローリングにする→改築

となります。
しかしながら明確な判別がつきにくいものもありますので、念のため地主さんに一声かけるのが無難と言えます。
そもそも、契約書に増改築禁止特約が記載されている場合は、地主さんの承諾が必要になります。

矢印底地Q&Aトップに戻る

それでも問題が解決しない方は・・ 底借のプロが直接ご回答いたします!

氏名 例)山田 太郎
E-mail ※半角英数
E-mail(確認) ※確認
電話番号 例)03-5252-7511
年齢
以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

メールマガジン 購読する   購読しない