facebookページはこちら!
「いいね」を押してね
  • HOME
  •  > 底地Q&A
  •  > 敷地内の木の枝が伸びており、無断で切られてしまった。

底地Q&A

敷地内の木の枝が伸びており、無断で切られてしまった。

敷地内の木の枝が伸びており、無断で切られてしまった。

お答えします

隣地の木の枝の切断に関しては、民法でこのように定められています。

民法 第233条
 1. 隣地の竹木の枝が境界を越える時は、その竹木の所有者に、その枝を切除させることが出来る。
 2. 竹木の根が境界線を越える時は、その根を切り取ることが出来る。

つまり、基本的に木の枝は所有者の承諾なしで勝手に切ることはできません。ただし、所有者に切ってもらうようお願いすることはできます。一方、根が界線を越えた場合は所有者の承諾が無くても切ることが可能です。今回のように、無断で切られてしまうことを防ぐためにも、隣地の方と話し合って今後は事前に枝を切ってほしいと声をかけてもらうようにしましょう。

矢印底地Q&Aトップに戻る

それでも問題が解決しない方は・・ 底借のプロが直接ご回答いたします!

氏名 例)山田 太郎
E-mail ※半角英数
E-mail(確認) ※確認
電話番号 例)03-5252-7511
年齢
以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

メールマガジン 購読する   購読しない