facebookページはこちら!
「いいね」を押してね
  • HOME
  •  > 底地Q&A
  •  > 親から借地権を相続した。名義がかわるタイミングで新法で契約し直すことは可能?

底地Q&A

親から借地権を相続した。名義がかわるタイミングで新法で契約し直すこと

親から借地権を相続した。名義がかわるタイミングで新法で契約し直すことは可能?

お答えします

旧法下にあった借地権を自動で新法に切り替えることや、更新契約や相続をもって新法に切り替えることはできません。
新法に切り替えるためには、旧法で結んでいる契約を借地人さんの合意を得て解約し、新たに新法での契約を締結することが必要となりますが、借地人の権利を意図的に弱めたとされ、無効になる可能性もあります。
地代の見直しや返還時の取り決めなど、双方にメリットになる条件で契約を締結できる場合は、弁護士に相談して新法への切り替えが可能です。

矢印底地Q&Aトップに戻る

それでも問題が解決しない方は・・ 底借のプロが直接ご回答いたします!

氏名 例)山田 太郎
E-mail ※半角英数
E-mail(確認) ※確認
電話番号 例)03-5252-7511
年齢
以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

メールマガジン 購読する   購読しない