facebookページはこちら!
「いいね」を押してね

借地権を相続したら?

借地権を相続したら?

借地権を相続したら?

皆様から様々なご質問をいただく中で、「親が亡くなりました。自宅が借地である事は知っていたが、いざ相続してみるとどうしていいのか分からず困っています。」 という声が特に多いので、「借地権を相続」してからの流れを簡単にご説明します。

借地権を相続することになったAさん。自宅が借地である事は耳にしていたが、いざ相続してみるとどうしていいか分からず困ってしまいました。

STEP1 まずは契約内容を確認しましょう。
借地権を守る為にも地代の支払いは必須です。まずは地代の支払先と契約状況を確認しましょう。

・地代の支払い状況、支払先を確認する。
・契約書の有無を確認する。
・契約期間、更新料の確認をする。
STEP2 借り続けるのか、手放すのか、今後の方針を決めましょう。
借り続けるのか、手放すのか、今後の方針も決めましょう。
合わせて、権利者が複数の場合は意思(誰が相続するのか?)を纏める必要もあります。
STEP3 借り続ける場合は・・・
建物の相続登記を行う必要があります。司法書士に依頼するとスムーズです。また、契約書の名義変更などの手続きが必要になりますので、地主さんに確認をしてみましょう。
STEP4 自己使用する場合は・・・
そのまま自己使用する場合も、ケースによりいくつかの留意点があります。
トラブルを防ぐためにも、いくつかのルールをおさえておきましょう。
空き家のまま放置しておくといつの間にか老朽化が進んでいたり、庭の植木や雑草が伸びてしまったりして近隣に迷惑をかける場合もあります。また不審者の侵入や放火の危険性もあり得ます。
十分注意して管理しましょう。
建替えをする際、地主さんに各種承諾を取る必要があります。
トラブルを防ぐためにもきちんと地主さんに確認をされる方が良いでしょう。

・建替え承諾
・ローン承諾
・用途変更
STEP4 建物を賃貸する場合は・・・
比較的建物の状態が良ければ他の人に賃貸することができます。建物は借地権者様の所有物なので、建物を貸すことに関し法的には地主さんの許可は必要ありません。

ただ、地主さんに一言声をかけておくとトラブルを回避できるかもしれません。特にリフォームを加える場合はそれもお伝えしましょう。
STEP3 借地権を手放す場合は・・・
借地権を手放す場合、主に3つの方法があります。
どんな方法があるか確認してみましょう。
借地権を第三者に譲渡する際は地主さんに承諾を得る必要があります。

・譲渡承諾
・建替承諾
地主さんに借地を返す際は、借地権者さんの負担で建物を解体して更地にするのが基本です。
底地と借地権を同時に売却することで、所有権として売却することができます。

それでも問題が解決しない方は・・ 底地のプロが直接ご回答いたします!

※は入力必須項目です。

ボーダー

氏名 例)底地太郎
E-mail ※半角英数でご入力をお願いいたします。
E-mail(確認) ※確認のため再度ご入力をお願いいたします。
電話番号 例)03-5252-7511
郵便番号 例)100-0005
都道府県
住所 例)東京都千代田区丸の内2-5-1
年齢

以下の5つのうちいずれか1つ選択してください

        

お問い合わせ内容


メールマガジン メールマガジンを購読する 購読しない

ボーダー